« 法教育No.3 オットー・マイヤー通り | トップページ | 弁No.44 台湾の司法改革(その9) 中央警察大學の院生の司法改革観 »

2005.09.16

数字1つで、100年間違えていました。

 オットー・マイヤーの著作が1995年のはずはありませんね。1895年の誤りです。深夜2時頃の作業で、思い込みにより書いており、数字のところまで、見直していないというミスをおかしました。寝不足がたたっています。本文は訂正しました。私信も含めて、ご指摘有り難うございます。読んでおられる方があるとわかって、逆に、ホットしたというか。
 Freiherr von Stein ではなくて、Freiherr vom Stein が正しいので、フライヘル・フォム・シュタインに直します。
 のんびりと暇つぶしに書いているように見えると思いますが、当方、日本でやるべき日本の仕事のために毎日が猛烈に過ぎていきます。4日前の買い物中に、店の陳列棚の角に、足のくるぶしの上をぶつけ、少し血が出たので、日々メンタムを塗っておいたら、痛みが増して、ついに膿まで出てしまいました。まぁ、早い話、免疫力の低下現象ですね。いよいよというときに、今朝は医者通いとなり、午前中がパーに。ドイツの開業医って、朝8時から11時まで、というところが少なくないのです。
 逢坂誠二氏が国際的政治家になられるよう、1年前から、ここシュパイヤーにおける国際シンポジウムでの報告を企画していたのですが、ついに土壇場で渡航不能となり、プログラムの最終講演が削除となりました。あ~あ。

|

« 法教育No.3 オットー・マイヤー通り | トップページ | 弁No.44 台湾の司法改革(その9) 中央警察大學の院生の司法改革観 »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 法教育No.3 オットー・マイヤー通り | トップページ | 弁No.44 台湾の司法改革(その9) 中央警察大學の院生の司法改革観 »