« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月の記事

2005.10.31

弁No.47 メーデー行進のカーネーションを付けて裁判所内を濶歩していたあのドイツの裁判官が今、来日中!

弁No.47 時機遅れと思いつつ独日法律家協会から来ている封筒を開けました。同協会から届く封筒には、年会費の請求書か、東京で行われる会員向けの講演会の案内が入っています。
 ところが、開けてビックリ。すでに終わった講演会ではありましたが、見覚えのある講演者名。ハンス=エルンスト・ベットゥヒャー(Hans-Ernst Boetcher)氏(正確には、o のウムラウト)です。

 拙著『人間の尊厳と司法権』(日本評論社、1990年)では、17箇所以上に出てきます。ことに、172頁では、身長が190センチを超そうかという大きな普段着の彼が、ブレーメン上級裁判所の法廷にいる様子が写っています。当時、同氏は、同裁判所の判事でした。裁判官組合の組合員でもあります。ドイツ労働総同盟(DGB)のネーム入りのカーネーションを付けて、1988年5月3日に裁判所内を濶歩していました。その彼は、1991年にリューッベック地方裁判所・所長になっています。ヨーロッパ規模でも大きな活躍をし、ドイツ国内でも憲法問題財政調整問題に関わってきました。
 ドイツの裁判官は、年に1人来日して、大体、秋に約3ヶ月間、日本の最高裁を中心に司法現場の研修を行います。ドイツでは結構な競争率です。私は、こうして来日するドイツの裁判官とコンタクトをとって、彼らが見る日本の司法の長所・短所を調べてきました。今回の講演テーマは、「国家の奉仕者から市民かつ基本権の擁護者へ? ― 1945/49年から今日までのドイツの裁判官」です。相変わらず批判的トーンを前面に出しているようです。

 ドイツでは、こういうタイプの裁判官が多いのですね。彼は、『日独裁判官物語』には登場していませんが、有力な出演候補者でもありました。

 さて、驚いたのはもう一つ。独日法律家協会の案内文の日本語版を見ると、大きな誤りが2つ。1つは、彼の名前が4箇所にわたって、一貫して、「ボェットヘェン氏」とカタカナになっていること。cher が ヒェン となる訳はないのですが。2つは、彼の経歴を「ブレーメン州憲法裁判所副所長」と訳していること。stellvertretendes Mitglied des Bremischen Staatsgerichtshofes の訳語なのですが、この意味は、ブレーメン憲法裁判所代理裁判官なのです(正判事に事故ある時の代理判事。ドイツでは、法廷を構成する裁判官数が足らないと代理裁判官が担当します。ドイツでは、日本のように最高裁第三小法廷が3人で合議することがあるなど信じられません)。講演タイトルにある「Staatsdiener」は、翻訳案内にある「国家公務員」というより「国家の奉仕者」と訳した方が良さそうな気がするのですが、ここは争わないでおきます。

 ともかく、同氏が、日本の司法にどのような印象を持って帰国されるのか、興味は尽きません。17年ぶりに再会したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.30

行政・自治NO.38 Samurai Mayors

行政・自治NO.38 竹内謙氏による「竹内謙の『Samurai Mayors』 」というコーナーがあります。このところ、ニセコ町の逢坂誠二町政時代の記録が第7回まで連載中です。1回ごとに、サブタイトルが付いています。今日現在では、町長誕生から「まちづくり基本条例」制定に至るまでが載っています。「まちづくり」に関心のある方は、是非、お読みください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.29

行政・自治No.37 率先して割り込み乗車の高校教師と部活の生徒

行政・自治No.37 日本に帰って1ヵ月が優に過ぎましたが、予想通り、激務の連続。ある他大学の同僚の話では、ロー・スクール発足後に亡くなられた公法(憲法・行政法)専攻の大学教授は4名とのこと。予備軍・待機組は相当いるはずです。このうちの2名は親しい間柄でしたので、ショックは大きいです。1ヵ月経ってやっと、銀行、郵便局などに行く身辺の雑事を昨日やっと半日ほど行いました。土日も皆無の状態が消えるのは退職後なのでしょうか。不在中の郵便物は、研究室、法律事務所、自宅に山積し、今回は腹立ち紛れに巻き尺ではかったら、積んだ状態で総計2メートル50センチありました。当然、未開封の郵便物のヤマです。このため、失礼している返信などが相当あります。関係者の方、申し訳ありません。大学教員宛として来る郵便物のヤマ、弁護士として他の弁護士さん宛てと同一内容のヤマ、さらに私的なものが加わり、非礼の対象、あるいは、届出・返信の期限が過ぎている郵便物がどれかもわからないのがつらいです。

 さて、数日前の夜のこと。通勤に使っている特急電車に21時台に乗ろうとしたところ、1列に整然として並んでいる乗客のラインとは別に、勝手に4人ほどが、先頭から数名のところで割り込んできました。女子高生2名は某会社のロゴの入ったスポーツ用バッグを持ち、ラケットが数本。遠征の帰りと見えます。この女子高生には注意するタイミングを失ったので、次に乗ろうとした男性に、いつも通り、後ろに並んで整列乗車をするように注意しました。私は、いつ刺されても、殴られてもいいと思っているので、たいていの場合は、遠慮なく注意します。その注意「統計」によれば、タチの悪い乗客は、世代、性別、職業などは、あまり一定していないようです。なんと、私が注意した男性は、その女子高生の引率教師でした。最後の1人は誰か分かりません。「スポーツさえできれば、割り込んでいい」、「疲れているのだから割り込み乗車も許される」、そんな感じでした。彼ら3名は、数少ない停車駅で、私より先に降車しましたので、高校名の察しはつきますが、一部の「教育者」って、よく割り込んでくるおばさんたちより悪いのかもしれません。勝利至上主義に毒されている部活も問題なのかもしれないと感じたものです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.10.24

行政・自治No.36 新しい自治体の協力システムへ

行政・自治No.36 北海道では、この夏、道内市町村職員を中心に「連合自治推進研究ネットワーク」が立ち上がりました。
 研究ネットワークでは連合自治、自治体間協力・連携についての交流・討議を行います。
 結成呼びかけ人の結成趣意書、顔ぶれはここをクリックしてください。なお、ニセコ町は岡内さんが退職したため、の加藤紀孝さんに代わっています。
 11月12日(土)、第1回目の研究会があります。
 
 1 テーマは、ドイツやスイスの自治体の連合などの制度について
 2 日時は、11月12日(土)13:30~15:30頃まで木佐の講演と意見交換
  その後、第2部の研究会で、呼びかけ人が所属する自治体による連合自治の検討状況の報告があります(ニセコと富良野を予定)。
 3 会場は、自治労会館3階「役員会議室」 札幌市北区北6条西7丁目 (連絡先は、上記リンク先に記載)

 九州では、この秋、「まちづくり」の老舗の町が2つ、合併で消えました。大分県湯布院町と熊本県宮原町です。後者では、「合併後のまちづくりを考える九州自治体職員連絡会」がこの11月26日(土曜)に旧・宮原町の「まちづくり情報銀行」で立ち上げることになっています。詳しくは、 宮原好きネット」のHPをご覧下さい。トップページのセンターに、表示してあります。
 新しい動きが出てきたようです。奇しくも、この日は、木佐ゼミが宮原町で合宿を行う予定です。まったくの偶然ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.13

行政・自治No.35 ミリタリー国家?

deutschice_fahrer_dsc_0499rhein_dsc_0621行政・自治No.35 日本は自由奔放な国のようにもみえますが、見えない規律は多いようです。東京・大阪間で、新幹線の運転手がで平常時で30秒遅れると訓練所に戻される、という話はもう充分でしょう。
 ドイツで見る、運転手や運転士は、実にのどか。私が暮らしていた町では、大型の定期バスの運転手はときにハンバーガーをかじりながら運転しています。バスに乗っていたある日、あと1つの停留所で大学の寮の前に着くというとき、運転手がバスから降りてスーパーマーケットに入っていきました。何か急な伝言とかの用事でもあるのかと待っていたら、ジュースを買って来て、再び運転を始めました。
 最高速のインターシティ特急列車でも、運転席への入り口を開けたまま、女性の車掌さんと話したまま運転しているヒトもいます(写真左)。
 ライン下りの船でも、船長が操舵しながら少年の質問に答えています。結構な数の船が行き交っているのですが(右)。
 一事が万事。こうした例は事欠きません。安全の点からは大いに問題なのですが、誰も、これを問題視していないようなのです。運転手・運転士は鉄道でも一般に私服です。車掌の車内検札も、車内販売員も、日本のような礼儀正しさ?はありません。相手を見て、シチュエーションに応じた言葉を話しますから、「普通」にみえます。
 もっとも、非番の乗務員や、検札を終えた車掌たちが、1等車の良い席に、客より先に座っているのにはあきれます。
 日本では、車掌が車内に入るたび、出るたびに、多くは帽子までとって、お辞儀をします。数分遅れてもいちいちお詫びの放送です。
 あれやこれやを考えると、日本社会は、本当に、ミリタリー的な規律で動いているように思えてなりません。
 そういえば、かつて「巨泉のこんなものいらない 最高裁!?」という番組で、ドイツ連邦憲法裁判所の守衛さんが、守衛室で勤務中にパンをかじっている様子が放映されていました。こうした執務状態が賞賛できるとも思えませんが、表面的に形だけ集中しているかのようにみえても、実質が伴わなければ、という感じがします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.10.09

行政・自治No.34 あぁ、ニセコ町!

行政・自治No.34 ニセコ町の町長選挙の結果が出ました。逢坂前町長の意中の人であった岡内総務課長(退職時)が敗北しました。わずか、102票でした。逢坂氏の最初の選挙のときと同様に、激しい選挙だったのでしょう。ニセコ町のまちづくりはどうなるのでしょうか。そして、前の町長派とみられている職員に対する「粛清」などがないことを祈るのみです。今日の読売新聞の見開き特集の表のトップにも、ニセコ町の「予算の本」や「ファイリングシステム」のことなどが載っていましたが、今後どうなることやら。
 投票結果
  佐藤隆一氏 1729票
  岡内隆博氏 1627票
  無効18票

 そして、九州では、まちづくりの「名門」である湯布院町(大分県)と宮原町(熊本県)が、10月1日に合併により消滅しました。自治の行方が、大いに気になります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.08

弁46 台湾の司法改革(その10) 司法改革が進んだら批判的裁判官グループが自然消滅

050701rotarou_dscf0031弁46台湾の司法改革(その10)   この6月の訪台時には、「台湾には裁判官だけによる司法改革を進めるための組織・団体があるのか」、という質問を予め日本の裁判官の方から受けていました。そこで、拙著も読んで司法改革を進めた呂太郎氏(南投地方法院院長=地裁所長。写真右。左は通訳をしてくださった林素鳳・台湾中央警察大学教授)が、わざわざ台北に駆けつけてくださった機会にお尋ねしました。彼曰く、「今は、当時の司法改革推進派が体制側になっているので、(そういう組織は)もうないなぁ」ということでした。改革途上における文献としては、呂太郎「台湾における司法権の独立と司法行政」『月刊司法改革』10号(現代人文社、2000年)51-56頁があります。私の方から趣旨を述べて、書き下ろしていただいた原稿です。
 現在は、定年までの身分保障がある裁判官が、やる気をなくしたときの対策をどうしたらいいか、という悩みを呂さんは院長(所長)としてもっておられました。

 日本では、ロー・スクールができるまで、裁判官が大学で非常勤教員を務めることはほとんどありませんでした。もっとも25年から30年前までは、フランクな雰囲気でしたから、裁判官の大学非常勤講師や両者一緒の研究会もたくさんありました。次第に、司法の反動化とともに、両者は別々の道を歩むようになりました。

 さて、台湾です。呂太郎氏が、裁判官人事の責任者であったとき、20日間の他の公務員と同様の年休のほかに、裁判官には20日間の研修休暇制度を与える制度を採用しました。さらに、台湾の裁判官は、週に4単位分は、大学の非常勤講師ができます。お会いした多くの裁判官は、名刺に、どの大学の(客員)教授とか(客員)助教授とか書かれています。まさに、裁判官全員と大学教員、各種法曹の相互交流を図るという1999年の司法改革計画が、目標通りに進んでいるのを感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.03

弁No.45 1つの弁護士ランキング

弁No.45 何でもランキングばやりです。大学ランキングもありますし、個別大学について、ミシュランと称して、個々の大学教員の講義を採点しているブログもあります。
 さて、弁護士ランキングもいろいろあるでしょうが、「悪徳商法マニアックス」というホームページの中に、この種のランキングの一つがあります。このサイトのトップ・ページから、右側のリンクサイトをずっと下に行きますと、「法律」という大見出しの下に、「弁護士ランキング」という項目があります。
 悪徳商法対応との関わりで、全国の上位100名「良い」弁護士と、ボトム30名「悪い」弁護士が実名でさらされています。
 その下に、各都道府県別「良い」弁護士のベストテンがあって、ナント、私と本学の大出ロー・スクール院長(弁護士)が、福岡県内で同列6位でランクされています。これは、明らかにおかしい! なぜ、そうなっているかは、同ランキングの点の付け方(格付け基準)を見て判断してください。ちなみに、私は、自分のホームページをもっていますので、この基準によれば、本来は10ポイント加算されるはずで、そうなると福岡県内で一躍2位に浮上することになりますが、それはあまりにも現実と異なります。このランキングは、相当程度、実態を表しているという評価を聞いています。しかし、私や大出教授(弁護士)は、消費者事件を、まだ事実上ほとんど扱っていないのですから、その点では、このランキングを絶対に過信しないでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »