« 行政・自治No.41 ある市町合併(その2) | トップページ | 行政・自治No.42 この間、明るい選挙結果をあまり聞かなかったようなので・・・ »

2005.11.12

弁No.48 無罪判決を書くための能力

弁No.48 あくまでも一般論としてですが、ある裁判官から、特に単独裁判官として判決が行われる場合に、「はたして無罪判決を書く力量がある裁判官かどうか、また、仮に有罪判決でもどこまで合理的で説得力ある補足説明が書けるかどうか」が問題であるという話を聞きました。
 よく、無罪を書く方が論理的に完璧でなければならない、と言われますが、それが「推定無罪」の原則とは、まったく逆転していることは周知のことでしょう。
 現実に、無罪か有罪か、いずれの判決になるのかという問題に直面している私にとって、この「推定無罪」の原則が、いかに高い壁であるのかを実感させられる言葉でした。弁護士の方から見て無罪判決を得る方が能力を要するというのは知っていたつもりですが、裁判官としても無罪判決を書くのがいかに大変なことか、改めて認識した次第です。

|

« 行政・自治No.41 ある市町合併(その2) | トップページ | 行政・自治No.42 この間、明るい選挙結果をあまり聞かなかったようなので・・・ »

Libra の弁護士日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58585/7051052

この記事へのトラックバック一覧です: 弁No.48 無罪判決を書くための能力:

« 行政・自治No.41 ある市町合併(その2) | トップページ | 行政・自治No.42 この間、明るい選挙結果をあまり聞かなかったようなので・・・ »