« 弁No.61 宮本判事補再任拒否から35周年 | トップページ | ホームページ リニューアル »

2006.04.09

飛行機は、開港のたびに、遠くなり

 飛行場が新しくできるたびに、拡張されるたびに、通常は、空港までの距離が遠くなります。ナリタ、サッポロ、ハネダ、カンサイ、チュウブ、ヒロシマ・・・。日本の空港は、空港というよりもショッピングセンターという感じです。そして、空港拡張に伴い、エンドース(他社便への振りかえ)がほぼ不可能になりました。多分、ビジネスマンは相当困っているでしょう。ハネダの2つのターミナルは、モノレール1駅分ありますから、エンドース手続はほぼ不可能でしょう。もう一つ、困っていること。出発空港と到着空港が異なるときには、よく羽田空港の手荷物預かりを利用していました。この場合、登場する航空会社の如何は問いません。ところが、新ターミナルができて大変。例えばANAで行って、JALで日帰りする場合には、両ターミナルがモノレール一駅ほど離れていますから、これからは浜松町まで持っていくなどして預けるしかないですが、じゃぁ、帰りに京浜品川から羽田に向かうときにはどうするんだ、とまたもや難題。

 それとは別の問題もあります。今度、中部国際空港が開港して、私にとっては不便になりました。ある用事が終わって、名古屋から自宅に帰ろうとすると、航空2社が、計4便飛ばしています。しかし、乗客の奪い合いという関係から、同じ時間帯に2便が飛びますから、結局、1日に2便しかないのと同様です。しかも、早い時間帯に2社とも名古屋を出発するために、仕事が終わってからでは乗れなくなりました。小牧空港時代がなつかしい・・・
 ほんの少し前、福岡←→札幌便は、3社が1便ずつ飛ばしていましたが、全部同じ時間帯に出発するのです。北海道へ向かう飛行機は、全国各空港発とも、少しでも北海道で観光ができるように午前の早く出発、北海道発は、観光を終えてから帰宅できるように全便が夕方近くに出発。これが北海道へ1便しかない路線での全国的に平均的な姿です。
 そして、これまた全国的にみて、1社しか参入していないローカル線では(要するに羽田線ですが)、仮に1日に5本あるとすると、結構よい間隔で飛んでいるものの、今度は、1社独占ですから、割引競争がありません。
 いずれにしても、問題だらけの感があります。
 幹線だけに載っている人にはわからないと思われる「差別」はもっとあります。書けばきりがない・・・

|

« 弁No.61 宮本判事補再任拒否から35周年 | トップページ | ホームページ リニューアル »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58585/9496282

この記事へのトラックバック一覧です: 飛行機は、開港のたびに、遠くなり:

« 弁No.61 宮本判事補再任拒否から35周年 | トップページ | ホームページ リニューアル »