« 大学における成績主義ボーナス支給の現実(3) | トップページ | 行政・自治No.56 「中小自治体の現状と課題」 »

2006.06.29

大学における成績主義ボーナス支給の現実(4)

 前回のブログで1番大事な部分である教授会議事録の転載を漏らしていました。

 「第59回研究院教授会議事録
日時 平成16年4月14日(水)午後2時30分~3時50分
場所 法学部大会議室
 
3 研究院長から、平成15年12月期における勤勉手当に係る成績率の査定に当たっては、勤務成績が優秀な者及び勤務成績が良好な者との基準があるが、教員の研究・教育活動には立入らず各種委員会委員長等に係る行政事務活動の繁忙さを評価した旨の報告があった。」

 以上が該当部分です。この部分は、前回の(3)にも、入れておきます。

 本来予定していた記事は、次回に。

 こういう基準があるからと言って、研究・教育をおろそかにする教員がいるとは思いませんが、少なくとも他大学ではまねて頂きたくない基準であるように思います。

|

« 大学における成績主義ボーナス支給の現実(3) | トップページ | 行政・自治No.56 「中小自治体の現状と課題」 »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。木佐先生、僕は法学部3年の者です。昨年は行政法1でお世話になりました。先生の授業を受けて、行政や地方公務の重要性や魅力、それだけでなく法のおもしろさがちょっとわかったような気がします。先生のゼミには、入ってないのですが、僕は先生の話がきっかけで公務員志望になったところがあって、またいつか木佐先生のお話聞いてみたいです。突然すみませんでした。僕は先生みたいに、学生思いの先生が増えたら大学の教育はもっと良くなると思ってます。それでは失礼します。

投稿: ほり | 2006.06.30 20:43

こんにちは。いつもブログを拝読させていただいておりました九州大学法科大学院の一学生です。学生教育の評価に関係する記事があり、やはり学生としても一言意見を述べさせてもらうべきだと思いましたので書きこませていただくことにしました。私は法科大学院の運営に関わっている先生方は、かなり学生のことを考慮して熱心に関わってくださっていると思います。法科大学院の立ち上げから始まり、今まだ変革期にある中、授業もこなしつつ運営に関わることとなれば、おそらく研究などは全く手のつかないほどにお忙しいことだと思います。それを給料の面で評価するのは当然かと思いますが、現状では学生の教育については、まだまだ改善すべき点が多いように思います。先生方のマンパワーの不足がある部分、致し方ない面もあるかと思います。しかし、研究は掲載雑誌や論文数である程度評価可能であるにもかかわらず(確かに九大に残るインセンティブにはなっていないという点では問題がありますが)、そもそも教育に熱意をもって当たられる先生に対して何のインセンティブも与えられないというのは学生にとっては不幸なことだと感じます。せっかく学生による先生方の評価なども行っていたこともあり、教育について客観的な評価もある程度可能だと思います。是非とも熱心に教育に関わっておられる先生方に対して、給料面でご評価いただけるようにしていただき、学生教育を一層充実したものにしていただけるようお願いいたします(このコメントの転送・掲載自由です)。

投稿: 学生 | 2006.07.01 12:36

コメントがたくさんあれば「まとめて」と思っていたのですが、お二人以外には、私信も含めてありませんでした。お二人には感謝いたします。私の知らないところで話題になっているようではあり、検索をかけてたどり着く方々も多数あるようです。ボーナス問題、というより、全公務員や私学教員にとって、今後いっそう重要になる「成績主義」評価の「基準」について、この場ではまったく論議にならなかったことを残念に思うとともに、この国の閉塞状況を再々度、確認した次第です。それとも、私の問題提起がまったくナンセンスだったからでしょうか?

投稿: 木佐 | 2006.07.15 10:26

先日のコメントを載せた法科大学院生です。大学の授業に満足しているのかどうか、これからどのようにしてほしいのか、先生方の中にも授業をどのようにしたいのか、相談に乗ってくださる方はたくさんいらっしゃいます。その意味で、九州大学は学生の学習環境として、すくなくとも人材の面では大変恵まれているのだと思います(ただ、一定の無力感を感じておられる方が多いという感触は否定できないように思います)。僭越ながら、先生の問題提起が十分にインパクトを与えてくださったのは間違いありません。受け手側の学生も何も感じていないことはないでしょう。ただ忙しすぎるのも現実、現状に不十分ながらもそこで満足しているのも現実。しかし、問題の背景の一つに先生のご指摘の面もあったことも否定できないのかもしれません。意見の表明は、単なる「戯言」として黙殺されることもあるのでしょう。しかし、願わくは、意見が集まり、少しずつ誇れるような母校に変わっていく事を期待しております。

投稿: 学生 | 2006.07.15 12:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58585/10721793

この記事へのトラックバック一覧です: 大学における成績主義ボーナス支給の現実(4):

« 大学における成績主義ボーナス支給の現実(3) | トップページ | 行政・自治No.56 「中小自治体の現状と課題」 »