« 行政・自治No.66 桂歌丸師匠 「透けて見える世の危うさ」 | トップページ | 携帯電話、電子メールの不通について »

2007.01.17

行政・自治No.67 逢坂誠二『町長室日記 完結編』

07chouchoushitsu_nikki_kanketsu 行政・自治No.67 著者、逢坂氏が衆議院議員になられて、町長室日記も終わりました。最終日のものまでセレクトされて掲載されています。もとより、ごく稀に、ドーデモいいような内容の数行の日記抜粋もあって、清涼剤になっています。

 書かれていることは、まっとうなことが多いので、いちいちコメントしたくなるのですが、なかなかその余裕はありません。

 ときどき、「以上、HPでは公開しません」という部分があります。ニセコ町職員向けにのみ配信されている部分ですが、今回は、少し、この部分も掲載されています。まぁ、時効だから、と考えていいでしょう。

 それにしても、毎日、直接、逢坂氏から配信していただき、毎日見ていたはずなのに、意外に記憶にないものがあります。健忘症の始まりなのか、世の中、情報が多すぎるのか。

 先日の、「自治体職員にお薦めの3冊」を書いたときには、この「完結編」が出ることをまったく知りませんでした。コメントに続編刊行予定と書いておけばよかったですね。

 本書は、柏艪舎(はくろしゃ)から直接いただきました。今日現在は、同社のホームページでは、「近刊」扱いになっています。2007年2月1日発行(1,800円+税)  ISBN978-4-434-10082-6

|

« 行政・自治No.66 桂歌丸師匠 「透けて見える世の危うさ」 | トップページ | 携帯電話、電子メールの不通について »

行政と自治を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58585/13551639

この記事へのトラックバック一覧です: 行政・自治No.67 逢坂誠二『町長室日記 完結編』:

« 行政・自治No.66 桂歌丸師匠 「透けて見える世の危うさ」 | トップページ | 携帯電話、電子メールの不通について »