« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月の記事

2007.03.30

デスク提出後、コメント入り記事がボツに

 日本の国内で生起していることの大部分は、当該地域でしか報道されない、とこれまでもこのブログで述べてきました。九州の中でも同じこと。熊本にいると福岡で起きていることほとんどわからず、福岡にいると熊本の出来事はほとんど報道されません。いわんや本州でのできごとは。集中豪雨的に報道される大事件・大事故と、東京の中央政府周辺で起きていることだけは別です。

 九州では、兵庫県加西市における市長による新採職員人事干渉問題は、おそらくほとんど報道されていないと思います。少なくとも私はまったく知りませんでした。ところが、某新聞社から、「連日の報道でご存じとは思いますが・・・」から始まって、コメント依頼。何度ものファクスによる新聞記事送信、意見交換を経て、やっとデスクに原稿が提出されました。この間、3日が過ぎています。

 よくあることですが、突然、掲載は中止。ほとんどの場合、新聞、テレビとも無報酬ですが、それでも記者の取材情報を通じて、各地のナマのことがわかるので、なるべくお応えするようにしています。実際、数時間から、ときには何日も使って、短いコメントが出来上がるのですが、結局、ボツになるとか、載っても掲載紙も送ってこない、という会社や記者が存在するのも事実です。もし、私が賢明であれば、応じない方が、研究時間を確保できるのですけどね。

 今回の場合:

● まず、何度ものヤリトリの末に原稿が一応できました。

>  コメントの件ですが、以下のようにして、デスクに出しました。
> この通り記事になるかはわかりませんが、おそらく、てにおはが
> 変わるか、一部削られることになると思われます。

 【九州大学大学院の木佐茂男教授(行政法)は「試験委がルールに沿って選考した結果を、明確な基準がないのにいじった。法治主義の観点から考えると受験者を欺いたことになる。地方公務員法に抵触する可能性がある。1年待ってからにすべきだった。その場合でも、市長の関与はいつの時点で、どの程度にするかを議論してルール化し周知すべきだ」という。】

● しかし、結局は、ボツ。

>  実は、記事が社会面に掲載されなくなりました。能登地震が原因かも
> しれません。その結果、加西市長の百条委の証人喚問の記事は、地方版
> に掲載されることになりました。さらにですが、自治体の異動
> 発表が集中する時期で、紙面が狭く、木佐さんの談話も含め、大部分が
> 掲載されなくなりました。申し訳ありません。

 こういうのが続くと、しばしの間は、マスコミの問い合わせに応じないのですが、電話があると、また、ついつい、事件について聞いてしまうという悪い癖が出てきます。性癖は直らないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.29

ロー・スクール卒業生による「謝恩会」

070326ls_shaonkai 今時、「謝恩会」とは懐かしい言葉です。3月26日の夕方、九大の法科大学院(ロー・スクール)では、学生主催による「謝恩会」が開催されました。会場は、法廷教室です。子供たちの謝恩会であれば、親が出てきて準備をする、あるいは、最近であれば、豪華にホテルを借りて行う、というのもよくあるのでしょうが、九大の場合には、完全に法科大学院生自身による手作りで、教員は招待を受けました。

 私は、初年度入学の学生とは、20名程度しか面識がありませんので、そう話に花が咲くということにはならなかったのですが、設立時点から関わった教員は感慨無量のことでしょう。

 懐かしい「謝恩会」は、実質的に、そう言えるもの。誇ってよいことと思います。他のロー・スクールでもあったのかどうか、知りたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.28

追い出しコンパ

Dscf1923nisesatsu 私のロー・スクールの試験対策補講が終わった後、ゼミ恒例の追い出しコンパが行われました(3月23日)。卒業生のほかに、現ゼミにいる3年生も出席するのは当然ですが、院生卒業生と合計50名くらいは超すと思われる大コンパです。ほぼ終了時に駆けつけてくれたスーツ姿のOBまで入れて、OBだけでも8人くらいでしょうか。

 もっとも大きな特徴は、現2年生、すなわち新年度にゼミに入る学生も10名ほど来てくれていたことです。すでに、現役ゼミ生との顔合わせの際にも、「懇親会」をやったそうですので、そのうちの5~6名は、ゼミが始まる前に二度の木佐ゼミ・コンパを体験済みというわけです。新ゼミ生は、許容定員8名で、3倍の応募者の中から、結局競争率2倍となり、12名が加わります。

 宴会の途中で、3年生から、卒業生一人一人に心のこもった寄せ書きの色紙と花束、そして、各人の個性を象徴する何らかの記念品(あるいはセットもの)が贈られ、笑いの渦に。

 私には、卒業生から花束のほかに、あるセットをいただいたのですが、その中に「あるもの」が入っていて、「誰が選んだんだ?」と聞くと、ゼミ・コンパ係であった某女子学生。なかなかの発想で。デザインは、有名な「プレーボーイ」のものであった、とだけ書いておきましょう。

 あらかじめ新4年生だけで新幹事を協議のうえ決めていたようです。卒業生から、その新年度ゼミ幹事が紹介された後、私に、新幹事から写真のような「わいろ」がこっそりと渡されました。1万円札の円筒状のものです(中は、トイレットペーパー)。私が冗談好きなものですから、伝染していくようです。

 追いコン終了後は、多数の先輩たちとさらに飲みにでかけていったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.22

「不服審査制度の抜本的改革を求めるシンポジウム」

 日弁連大阪弁護士会の主催で、行政不服審査法改正をめぐるシンポジウムが、4月11日(水)に大阪弁護士会で開催されます。
 
 開催趣旨:
 「行政事件訴訟法の改正(2005年4月1日施行)は、行政裁判に大きな影響をもたらしましたが、司法制度改革審議会の意見書が求めた「司法の行政に対するチェック機能の強化」の点からは、残された課題が数多くあります。日本弁護士連合会では、これらの課題を第二次改革と位置づけ、これまでに内閣に対し二度にわたって提言・要望を提出しました。
昨年10月には総務省内に行政不服審査制度検討会が設けられ、行政不服審査制度に関する検討が進められています。行政不服審査は行政訴訟と並んで行政救済制度の根幹をなすものであり、極めて重要な改革です。
このような動きを踏まえ、日本弁護士連合会と大阪弁護士会は、四十数年ぶりの行政不服審査制度の改革につき、法律実務家の立場から検証して抜本的改革を実現するために、標記シンポジウムを企画しました。ふるってご参加ください。」

 詳しくは、日弁連のホームページ上の案内と、こちらのチラシを。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.03.17

弁No.71 タイの裁判官の「環境法」研修(2)

 タイの裁判官の方々にタイする平日10日(計2週間)の「環境法」研修が終わりました。今夕は、裁判官全員による九大側関係者へのご招待がありました。といっても、各自のスケジュールの都合上、計4名のみが出席できたに過ぎません。福岡市内のタイ料理店です。

 皆さんのお顔をみて、今回の研修が成功裡に終わったことはすぐに分かりました。そして、最初の団長のご挨拶で、今後も引き続き、裁判官研修を九大で続けたいというお話しを聞いて、乏しい時間をやりくりした教員としても、有り難い評価と感じたことでした。

 私は、30分ほど在席した後、すぐにタクシーで、今日、終わったばかりの自らが主宰していた国際シンポの懇親会場へ。こちらも、有意義な議論ができました。とくに、中国人民大学の胡教授による中国の法官(裁判官)に対する大学教授陣も行う専門教育(研修)などは、日本とは相当に事情が異なっていて、興味深いものであり、同時に、タイの裁判官の方々が、こうして外国である日本で研修を受けておられること、また、中国の裁判官も多数が(というより大量に)EU諸国に派遣されて、EU水準の法教育を受けておられることなど、新たな情報入手もありました。

 次々と、アジアの中の日本の有り様を考える機会を与えられて、ある意味では幸せなことだと思っているところです。

 実は、タイの裁判官をご案内して終日撮影した産廃施設や諫早湾干拓地の写真などは、当日帰宅後の深夜、パソコン画面にデジカメをつないで見た後に、自分ではパソコンに転送したものと思い込み、デジカメの充電を始めるときに全部消去してしまいました。疲れに疲れていたところで、思わぬ大きなミスをやってしまし、視察の写真がすべて消え去りました。あ~あ、といったところです。このことに気づいたのが翌日なのですから、疲労の度合いも推し量ることができます。もったいないことでもあり、悲しい老化現象でもあります。貴重な写真もあったのに・・・。

 タイについては、前回分について、コメントをいただいています。引き続き、国際的視点から、考え続けていきたいと思っているところです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.03.13

弁No.70 タイの裁判官の「環境法」研修(1)

 タイから現在25名の裁判官と数名の随行者が九大法学研究院に来て、日本の環境法の研修をされています。3月3日に来日され、5日(月)から講義などが始まりましたが、私は最初の3日間を担当することになりました。

 この研修は、タイの最高裁と九大側との協定を結んでのもので、2月には最高裁長官らが来学され、大学本部も訪問され、法学研究院で正式な調印が行われています。

 今回は、25名ですが、5月には第2陣が20名程度来学されます。計45名の裁判官は、研修応募者400名以上から選抜試験に合格した方だけです。10倍の競争率でした。最高裁判事グループ、高裁判事グループ、地裁判事グループ、もう一つのグループ(正確に聞き取れませんでした)の4グループから選抜されているのですが、事前の試験問題は共通だったそうです。大きな1つの問題群は、環境そのものとタイの環境法に関する知識、第2は、日本についての知識だったそうで、日本の民主化の度合いとか、「福岡は、琉球にある」などの○×式試験だったそうです。

 今回の受講者には4名の最高裁判事のほか、高裁判事や長官などがおられましたが、最高裁判事でもこの研修派遣のための試験に落ちた方がいましたか、と聞いたら「もちろん、何名も」。そして、全国で10ある高等裁判所には環境部が1つずつあり、その部長判事も受験されたそうですが、合格したのは1名だけ。その1名ともお話しできました。

 こうしてみると、裁判官の人事の公正さがわかります。タイでは、すでに知財裁判所などもあるようです。また行政裁判所はあるが、今回は来ていない、行政裁判官は若干保守的である、といった率直な話も聞けました。いずれ、タイに、環境裁判所を作ろうとされているようで、そのための研修という側面もあるようです。

 研修は、平日で10日。滞在期間は、計17日くらいになるのではないでしょうか。終始非常に熱心で驚きました。

 3日目には、私の発案で、私自身も関与している許可取消処分が争われている産廃施設諫早湾干拓地の視察に行きましたが、産廃施設の会議室での質疑も極めて熱心で、応対していただいた社長始め会社幹部の方も、これほど熱心に聞いて頂き、質疑がされたのは初めて、とおっしゃっていました。

 全編、パワーポイントを用いての講義でしたが、私自身も、学ぶことも多い機会となりました。事前にタイの法律に関する資料を集めてもらおうとしたのですが、邦語文献ではひとつも事前には参考になるものがありませんでした。今後の課題ですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.03.11

法教育 3月15~16日の国際シンポのスケジュール

Jinmindai_3prof先のブログでご案内した国際シンポジウムの講演・討論の順を以下のように決めました。まだ3月13日の朝まではシンポジウム申し込み・懇親会申し込みが可能です。科学研究費に基づく企画ですが、2日間とも、一般公開です。【写真】は、今回の中国側報告者の3教授です。左より、莫教授、胡教授、韓教授です。韓教授は、1960年10月生まれですので、まだ46歳ですが、次期の中国憲法学会会長の予定と聞いております。他の先生お二人も、憲法学・行政法学の分野で、非常に著名な方です。

 3月15日 13:30~17:00

 第1部
 木佐茂男「日本における公務員の法的素養強化の実務と課題」
 莫于川「公務員の法律素養の変化およびその意義について」

  引き続き、質問と討論

  (休憩)
 
 第2部
 韓大元「公務員の憲法教育体制に関する比較研究」
 北川善英「学校教育における法教育の現状と課題」

  引き続き、質問と討論


 3月16日 9:00~12:00(予定)
 第3部
 胡錦光「中国の裁判官の養成研修制度及び課題」
 福士明「自治体職員の法務研修の現状と課題-自治体法務論・
     政策法務論をめぐって」

  引き続き、質問と討論、 及び、総括討論(今後の研究課題)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »