« 「不服審査制度の抜本的改革を求めるシンポジウム」 | トップページ | ロー・スクール卒業生による「謝恩会」 »

2007.03.28

追い出しコンパ

Dscf1923nisesatsu 私のロー・スクールの試験対策補講が終わった後、ゼミ恒例の追い出しコンパが行われました(3月23日)。卒業生のほかに、現ゼミにいる3年生も出席するのは当然ですが、院生卒業生と合計50名くらいは超すと思われる大コンパです。ほぼ終了時に駆けつけてくれたスーツ姿のOBまで入れて、OBだけでも8人くらいでしょうか。

 もっとも大きな特徴は、現2年生、すなわち新年度にゼミに入る学生も10名ほど来てくれていたことです。すでに、現役ゼミ生との顔合わせの際にも、「懇親会」をやったそうですので、そのうちの5~6名は、ゼミが始まる前に二度の木佐ゼミ・コンパを体験済みというわけです。新ゼミ生は、許容定員8名で、3倍の応募者の中から、結局競争率2倍となり、12名が加わります。

 宴会の途中で、3年生から、卒業生一人一人に心のこもった寄せ書きの色紙と花束、そして、各人の個性を象徴する何らかの記念品(あるいはセットもの)が贈られ、笑いの渦に。

 私には、卒業生から花束のほかに、あるセットをいただいたのですが、その中に「あるもの」が入っていて、「誰が選んだんだ?」と聞くと、ゼミ・コンパ係であった某女子学生。なかなかの発想で。デザインは、有名な「プレーボーイ」のものであった、とだけ書いておきましょう。

 あらかじめ新4年生だけで新幹事を協議のうえ決めていたようです。卒業生から、その新年度ゼミ幹事が紹介された後、私に、新幹事から写真のような「わいろ」がこっそりと渡されました。1万円札の円筒状のものです(中は、トイレットペーパー)。私が冗談好きなものですから、伝染していくようです。

 追いコン終了後は、多数の先輩たちとさらに飲みにでかけていったようです。

|

« 「不服審査制度の抜本的改革を求めるシンポジウム」 | トップページ | ロー・スクール卒業生による「謝恩会」 »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58585/14433032

この記事へのトラックバック一覧です: 追い出しコンパ:

« 「不服審査制度の抜本的改革を求めるシンポジウム」 | トップページ | ロー・スクール卒業生による「謝恩会」 »