« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の記事

2007.12.24

「服役のときは終わる」

 本当のことなのですが、今日が代休日であることを知りませんでした。どうやら世間は12月24日。ということで、急遽、取り出してきて、クラウディオ・モンテヴェルディ(1567年生~1643年没)「聖母マリアの夕べの祈り(晩課)」のCD2枚組を聞きながら、まずは昨年の賀状整理です(ほかに先にすべきことがあるだろ!、という叱責の声があちこちから聞こえてきそうです)。整理の対象は、まずは2007年の年賀状のお年玉プレゼント・チェックをする時間がないまま、失効してしまったものです。どんなに少なくても、切手シートが10枚以上は当たっていたはずですが、もったいないことです。夏の暑中見舞いハガキのチェックもしてありません。こちらは、景品交換が3月4日まで可能であることが今わかりましたので、別に調べ直しましょう。

 さて、本当に偶然ですが、今日整理していたハガキから、クリスマスに無関係ではない内容の心情告白を備忘録として紹介させていただきます。

「服役のときは終わる」

 退職の挨拶状の「見出し」です。最近では、私の同級生・同期生からも、職場によりますが、定年退職の挨拶状が届くようになりました。これは、少し前にいただいた元・裁判官からの退職挨拶状です。

 「私は65歳に達して・・・定年退官しました。・・・の一介の農民の子でありましたが、神のご計画により・・・判事補となり、以来、裁判官の職務に従事してきました。このたび四〇年の任期を満了し、その服務から解放されました。この間、いくばくかの真理も学ぶことができました。」

 宗教心を持たれた上での「服役」だったのですね。いつも微笑んでおられる優しいお顔が浮かんできます(浮かんでくる、といっても、当然、ご存命ですよ)。でも、このような方が、裁判官としての出世とは無縁で終わられた(終わられざるを得なかった)ことが、私の脳裏からは離れません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.12.21

鈍感力・放置力・呆痴力

 最近、著作としての『鈍感力』が売れているようですし、自治力対話力○○力という言葉が非常に目につきます。

 確かに、本の『鈍感力』は、読んではいませんが、必要な気がします。そして、組織で生きていく上で、問題があっても放置する力、問題の存在そのものに気づかない呆痴力を自ら磨くことも重要であるようです。また、問題からの逃走力も要るようです。普通は対決するのが好きな私も、今年は、「逃げるが勝ち」なのか「逃げるが価値」なのかわかりませんが、これをやってみました。

 何事にも、「見ざる、聞かざる、言わざる、考えざる」が重要のようです。

 この「4猿」というのは、裁判官社会で一般的な思考様式だ、と元・大阪高裁の著名判事が、おっしゃっていました。1990年よりちょっと後でしょうか。この方が、『日独裁判官物語』の撮影の際に言っていただくようシナリオに書いてなかったために、映像化できなかったのが残念ですが、4猿の思考は、放置力や呆痴力を備えるのと似た発想でしょう。もっとも、あまりに放置と呆痴が過ぎると、ある日に突然に、表向きの法治主義が飛んできて、「逮捕」、ということもありうるので、自己防衛だけは同時に配慮しておくべきでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.18

「心の機微を理解する能力のある人材をいかに辞めさせないか」

 たっぷり2カ月も間が空くと、何のテーマから再開していいのか分からなくなります。当然のことながら、この間、書きたいことは山のようにあったのですが。

 1カ月ほど前、ある日の午前中に、公法講座の教員全員で次年度の講義計画などを話していた際に、誰かが、あと1カ月で研究院長選挙がある、と述べました。4月1日が交代時期ですから、いささか早いのですが、12月に決めて、引き継ぎを入念にするため前倒しになったようです。

 その選挙の話を聞いて、当日の午後から頭痛がし出して、翌日は終日寝込むことになってしまいました。風邪に似た症状で寝込んだのは、20年以上なかったことです。

 「研究院長=学部長選挙」→頭痛、という図式は、普通の方にはわからないでしょう。国立大学が独立大学法人になってからは、教授会で選出される研究院長=学部長が、副研究院長を指名する制度に変わりました。それ以前は、選挙で選ばれる2名の評議員がいたので、新陳代謝の可能性があったのですが、いまや世襲制に近い形になり、トップの候補者を教員集団が複数人持つということが難しくなりました。

 事情が分かる人だけしか分からないでしょうが、よって、私の頭痛が生じたのです。

 今日(17日)の朝日新聞の夕刊に高卒後46年間帝国ホテルで接客係を務めた方の話が載っていましたが、ホテル業界の若手の引き抜きの激化について、本文末尾で次のような言葉を語られていました。「心の機微を理解する能力のある人材をいかに多くそろえ、いかに辞めさせないか。今後は、それがますます重要になる。」と。

 我が支社は、問題の所在がわかっていない、という点では、もう手遅れね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »