« 2007年アクセス・キーワード・ランキング | トップページ | いちめんのなのはな、いちめんのなのはな »

2008.01.16

行政・自治No.72 「ふるさとは近くにありて守るもの」

行政・自治No.72 「ふるさとは近くにありて守るもの」。これは、『町村週報』の最新号(2008年1月7日号)に載っている大森彌教授の発言です。全国町村会長山本文男福岡県添田町長と大森教授の「町村の行方農産漁村の可能性」というタイトルの新春対談の中で出てくる言葉です。いうまでもなく、オリジナルは、「ふるさとは遠きにありて想うもの」ですが、うまく言い換えられたものです。この対談、市町村合併の功罪、というより、ザイ(罪)について、道州制にも触れつつ、言及されており、共感する内容です。まもなく、ネット上で公開されるでしょう。

|

« 2007年アクセス・キーワード・ランキング | トップページ | いちめんのなのはな、いちめんのなのはな »

行政と自治を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58585/17715184

この記事へのトラックバック一覧です: 行政・自治No.72 「ふるさとは近くにありて守るもの」:

« 2007年アクセス・キーワード・ランキング | トップページ | いちめんのなのはな、いちめんのなのはな »