« 虚礼と実礼 ― 年賀状考 | トップページ | 行政・自治No.72 「ふるさとは近くにありて守るもの」 »

2008.01.15

2007年アクセス・キーワード・ランキング

 昨年(2007年)に、このブログ(というより、このホームページ)にお越しいただいた方々は、どのような検索語でたどり着かれたのでしょう?

 私の名前そのもの、あるいは、それに大学名や、大学の略称をプラスした方がもとより最大でしたが、2番目に多かったのは、笑ってはいけない! なんと、「ソープランド」+「初めて」ではないか、と思われます。もとより、単に「ソープ」と「初めて」とか、「中州」と「ソープ」というのもありましたが、この手の組み合わせが最高得票!

 本当に、初めて行くためにネットで「行き方」というか、「利用の仕方」、さらには、「マナー(?)」などを予習しようとする方が多かったようです。

 上の検索語についで、3番目は、9月以降に猛烈に増えた「アラベラ・美歩・シュタインバッハー」、または、その一部を組み合わせた検索方法でした。秋から後を見る限り、ダントツ1位の検索語になった次第です。

 現在も、かなりの数のブログに、札幌交響楽団やNHK交響楽団との演奏会についてのコメントが載っています。札幌交響楽団では、定期演奏会であったにもかかわらず、ソリストもアンコール、オーケストラの方もアンコールがあったとか。あまり詳しくはないですが、かなり珍しいことでは。

 シュタインバッハーは、2008年も来日公演が決定しています。日程の公表はいずれ。

 結局、私の学問的な、あるいは、職業的なことに関するキーワードでの訪問者は、少ない、ということのようです。

|

« 虚礼と実礼 ― 年賀状考 | トップページ | 行政・自治No.72 「ふるさとは近くにありて守るもの」 »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58585/17699211

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年アクセス・キーワード・ランキング:

« 虚礼と実礼 ― 年賀状考 | トップページ | 行政・自治No.72 「ふるさとは近くにありて守るもの」 »