« 行政・自治No.87 インタビューなきインタビュー記事:自治基本条例編 | トップページ | 勤務先電子メール ID 変更のお知らせ »

2008.05.06

行政・自治No.88 公式に議論もしていないことが新聞で批判的検討課題にされて・・・

行政・自治No.88 対話を拒否して、最初から、新聞記者にリークするような行為って、まずいですよねぇ。この記事を書いた記者とは、じっくりと「対話」をしよう、っと。

 公式に議論していることがまったく新聞で報道されないまま、市長から、基本条例づくりの全委員を敢えて敵に回すような「良識ある」発言が一方的に大手新聞に載ってしまう世の中。マスコミの倫理はどこへ行った? 公器から私器へ?

 以下、あるブログからの引用:

 「住民投票うんぬんの前に「自治基本条例」などという非民主的制度を作り出す元凶を叩き潰すべきだと思いますがね。頑張ってください、○○○市の良識ある議員の皆様。」


 ここで、「元凶」とは誰のことで、その人を、どうやって「叩き潰す」のだろう? 差し当たりは、これから、○○○市に入ったら、防弾チョッキを着けて、ヘルメットを被って歩かなきゃ。

|

« 行政・自治No.87 インタビューなきインタビュー記事:自治基本条例編 | トップページ | 勤務先電子メール ID 変更のお知らせ »

行政と自治を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58585/41106009

この記事へのトラックバック一覧です: 行政・自治No.88 公式に議論もしていないことが新聞で批判的検討課題にされて・・・:

« 行政・自治No.87 インタビューなきインタビュー記事:自治基本条例編 | トップページ | 勤務先電子メール ID 変更のお知らせ »