« ブーメランになった本 | トップページ | 過去のゼミ論集の公開について »

2008.10.08

弁No.81 旧聞ですが、「韓国最高裁長官が謝罪 過去の不正判決」

Photo_2弁No.81 共同通信配信記事をベースにして、2008年9月27日付けの全国各地のローカル紙が多数載せている記事があります。西日本新聞でも載っていました。

 「韓国最高裁李容勲長官は26日、韓国の司法制度が確立されて60周年を迎えた式典で、過去の政権が体制維持のために民主化運動家や一般市民を拷問するなどして多数の事件をでっち上げたことに裁判所が加担した責任を認め、司法機関トップとして初めて国民に謝罪した。

 李長官は、過去に裁判官が「正しい姿勢を保てず憲法の価値に反する判決を出した」と認めた。

 韓国では朴正熙、全斗煥両政権時代に、反体制勢力のほか日常生活で政権への不満を口にした市民も当局が罪に問い、不法監禁や拷問による捜査を行い、その結果を追認する判決が続出した。

 昨年には1975年に政府転覆活動をしたとの罪で8人が死刑にされた「人民革命党事件」の再審で、事件自体が拷問による虚偽自白に基づいた虚構だったと認定され無罪が確定。ほかにもスパイ事件などの再審で無罪が続いている。

 情報機関や軍は調査機関を設けて過去の人権侵害事件の原因を調べたが、裁判所はこれまで問題のある判決が出た原因の究明は行ってこなかった。」

 日本では、まだ、このようなことは期待できないでしょうね。

 ちょっと前の韓国最高裁ホームページのトップには、ハングルと英語で次のような文字が出てきます。 「自由」「平等」「正義」です。かわいいマスコット人形も載っていました。日本の最高裁のホームページでもこのような文字がトップに出るようになれば、「司法制度改革」ではない、「司法改革」があったことの証明になるのでしょうが・・・。

 アジアの「ガラパゴス諸島」とか、「シーラカンス」とか、まだ言われそうで。

 韓国最高裁判所ホームページの 「司法改革」(英文版) のページと日本の「司法制度改革」を比べてみるのもいいでしょう。

|

« ブーメランになった本 | トップページ | 過去のゼミ論集の公開について »

Libra の弁護士日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58585/42728842

この記事へのトラックバック一覧です: 弁No.81 旧聞ですが、「韓国最高裁長官が謝罪 過去の不正判決」:

« ブーメランになった本 | トップページ | 過去のゼミ論集の公開について »