« 過去のゼミ論集の公開について | トップページ | 世界の大学ランキング »

2008.10.17

行政・自治No.94 「ガラパゴス現象」から「限りなく連邦制に近い道州制」へ

行政・自治No.94 先日、2008年10月8日付けの記事で「ガラパゴス諸島」に触れたばかりですが、この言葉は、本田勝一氏の『週刊金曜日』によって広めていただきました。その前後、「小さな司法」も、司法業界では普通名詞になりました。
 今日(2008年10月17日)の朝日新聞朝刊に「<裁判員>の名付け親」としての松尾浩也・東大名誉教授のお話しが載っていますが、その口語調のお話しの中に、「<精密司法>と呼ばれたが、ガラパゴス諸島の風景を連想させる独自の繁栄だった」というくだりが出てきます。日本の司法が、「繁栄」していたというのは「?」ですが。
 こういうガラパゴスと日本司法を結びつけるのは、本多勝一氏も現に言い、綾小路公磨風に言っても「ガラパゴス諸島の生物に悪いです(申し訳ないです)」

 さて、最近では、私のヒット用語の3つめになりそうな、「限りなく連邦制に近い道州制」という言葉が、妖怪のように出現しています。使われ方の歴史をたどってみると、どうも、私の『公法研究』56号(1994年刊)をも引用する某報告書が初出のようです。もう少し、<精密に>検証しないと断言できませんが、私が言わんとする「限りなく連邦制に近い道州制」とは全く異なり、都道府県制度を抜きにしたものとして、「限りなく連邦制に近い道州制」という語が、あえて誤解を導くように使われ始めたようです。

 ともかく、意図する絶対要件を抜きにして、同一の言葉をもって、実質的に別のことを説明・宣伝する、というのは止めて欲しいものです。

 2000年4月1日施行の地方自治法の2条1項の「総合的」が市町村合併を誘因する語として、意識的に「誤用」をされたように、よくぞ意図的悪用ができるものと、感心します。

|

« 過去のゼミ論集の公開について | トップページ | 世界の大学ランキング »

行政と自治を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58585/42819061

この記事へのトラックバック一覧です: 行政・自治No.94 「ガラパゴス現象」から「限りなく連邦制に近い道州制」へ:

« 過去のゼミ論集の公開について | トップページ | 世界の大学ランキング »