« 大学破壊の時代? | トップページ | 北九州近郊の方へ 『自治体法務講座』、『自治体法務土曜講座』、『自治体法務出前講座』 »

2009.10.06

弁No.101 台湾の司法試験受験者

弁No.101 今日、届いた電子メールによりますと、台湾2009年の司法試験受験者約7,000人だったそうです。人口は、約2,300万人です。日本の5.6分の1という感じになります。日本の人口に合わせれば、39,200人が受験したことになりそうです。

 そうすると、日本の新司法試験の実受験者数が7,392人でしたから、日本の5.3倍の受験者があったことになります。

 中国本土の方は、2009年度司法試験が9月19、20日に実施されたそうです。今年の試験参加者は去年より3万人多い41万人だったといいますから(→ こちら)、人口が日本の約10倍であることを考えると、日本なら4.1万人に当たることになります。

 ちなみに韓国は、人口が日本のほぼ3分の1ですが、司法試験合格者数は日本とほぼ同じように制度設計したはずです。

 各国の司法試験受験者が多すぎるのか、日本の方が、おかしいのか、まだ論ずべきことは残るようです。いずれにしても、「法曹像」がアジアの中でも日本は大きく異なっていることだけは確かですが、日本の方向が、唯一、正しい道である、と頑張ってみるのもいいかもしれませんね。

|

« 大学破壊の時代? | トップページ | 北九州近郊の方へ 『自治体法務講座』、『自治体法務土曜講座』、『自治体法務出前講座』 »

Libra の弁護士日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58585/46416860

この記事へのトラックバック一覧です: 弁No.101 台湾の司法試験受験者:

« 大学破壊の時代? | トップページ | 北九州近郊の方へ 『自治体法務講座』、『自治体法務土曜講座』、『自治体法務出前講座』 »