« 国立大学法人が被告の訴訟で被告大学側は毎回手書きの準備書面! | トップページ | ベルリンの壁崩壊からちょうど20年目の日に »

2009.11.05

低スピードの猛爆音族の連続超爆音 それもほぼ毎日

 今朝も、4時半から2回、110番に電話をしました。9月の半ば以降、110番に電話をしたのは家族がかけたものを含めると7回くらいでしょうか。

 マンション前の道路を、午前2時半頃から午前5時半頃にかけて、ほとんど毎晩、よほどの雨でも降っていない限り、暴爆音族がバイクで走ります。暴走族ではありません。のろりのろり時速10キロくらいで約150メートルくらいの距離をアクセル操作による猛爆音を発して行ったり来たり。

 110番をすると、パトカーが来てくれることもあるし、何もしてくれないこともあります。昼に福岡中央警察署の通常の代表電話番号である 734-0110 に電話して、暴爆音族の取締り体制について聞くと、中央署、早良署、機動隊、その他何とかという組織を併せて6つの出動元からパトカーなどで取り締まっているというのですが、一向に対策が採られているようには思えません。

 多くのバイクは二人乗車、つまり多くは女の子を乗せているように見えます。今朝も、110番をした後、パトカーは来たようですが、電話に出る110番の警官にも爆音は聞こえています。電話での会話もできないほどです。その目の前で、地元見回り用のミニ・パトがゆっくりと、バイクの後ろを走って、自らもUターンして走っています。直接に停止させるとか、逮捕するとかの行動をするのではなく、ナンバープレートや運転者の写真でも撮っているのでしょうか。同一テンポで動いているようにしか見えません。ミニ・パトと同じスピードで、爆音バイクの支援車も後から走っています。

 ともかく、11月も中旬が近づくというのに、10台ものバイクが隊列を組んで、あるいは単独で走り回っています。それも2時間くらい。そしてやっと眠りかけるとまた5時頃にまた爆音が・・・という慢性睡眠不足状態。

 ここ約1カ月、体調を崩して、学会も海外出張もドタキャンを繰り返しましたが、単に過労が原因ではなく、この春から一貫して続いている猛爆音族のバイクのせいだろうとも思います。

 彼らが走っている道路では、24時間監視をしている韓国領事館前に立ちっぱなしの警官もいるし、すぐ斜め前には交番もあるのですが、所管の関係で取締行為はできないのか、それとも袋だたきになりかねない集団的暴力が怖いので猛爆音族の取締りもできないのか。ともかく、このまま毎夜、毎夜、猛爆音に苦しめられていると、転居を考えるしかないですね。取締りの不作為を理由として、義務付け訴訟でも考えるか、県を相手方とする国家賠償訴訟くらいしか思いつきませんが、とても一家族では。

 しばしば、「安全と安心」という言葉が語られていますが、どこのことやら・・・という昨今です。今夜も、爆音で起こされるだろうと気になって眠りが浅いことでしょう。

|

« 国立大学法人が被告の訴訟で被告大学側は毎回手書きの準備書面! | トップページ | ベルリンの壁崩壊からちょうど20年目の日に »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

百道浜1丁目に在住するものです。早良署、暴走族という検索ワードでブログを拝見いたしました。慢性睡眠不足、その辛さを共有しております。わたしも110番はもちろん地域への働きかけや県警本部や公安委員会への直訴、マスコミへの情報提供など、ここ2年、自分でできることをやってきました。最近はかなり静かになったようですが、春から夏にかけて復活が予想されます。警察活動には110番通報の数が目安になるようです。あきらめずに110番をお願いします(ちなみに百道浜地区からの暴走族110番は昨年1,000件をこえたそうです)。

投稿: MASA | 2010.04.21 17:31

コメント、有り難うございました。直近の暴走族・猛爆音族についてのコメントは、2010年4月21日付けで写真を載せて記事の形としました。百道の方で静かになった部分、バイク族は、長い幹線道路から離れて、住宅地道路に入ってきているようです。

投稿: きさ | 2010.04.22 08:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58585/46683987

この記事へのトラックバック一覧です: 低スピードの猛爆音族の連続超爆音 それもほぼ毎日:

« 国立大学法人が被告の訴訟で被告大学側は毎回手書きの準備書面! | トップページ | ベルリンの壁崩壊からちょうど20年目の日に »