« ニセコ町まちづくり基本条例の第二次改正 「協働」の言葉、廃止 | トップページ | Railways の ホームページ (超・ローカル) »

2010.03.24

行政・自治No.106 虫の知らせ 北海道地方自治土曜講座の閉幕

96chihoujichidoyoukouza1_2 行政・自治No.106  今日の逢坂誠二・首相特別補佐官配信のメルマガ『逢坂誠二の徒然日記』(WEB版は→こちら)を読んでいたら、1995年に始まった北海道地方自治土曜講座2010年度をもって終了するという北海道新聞の引用記事が載っていました。

 北海道でもか、という思いです。全国でほとんど唯一、1990年代半ば以降大きく輝いた(都道府県レベルの)町村会の仕事、大学との連携、大量の受講者動員、その成果としての人材育成、自主研究の拡大、いずれをとっても金字塔ものです。

 虫の知らせ、といいますか、この3月20日には、『カムイミンタラ』に掲載された土曜講座の特集号を、万一、株式会社りんゆう観光のサイトがリンク切れになったらまずい、と思ってPDFにして保管する作業をしたところでした(PDF → 本来のWEBサイト)。外での動きが、何かの波動で、伝わってくるもののようです。最近、そうした現象が多すぎて、恐ろしく感じることがあります。

 写真は開催2年目の1996年6月の初回のものです(木佐撮影)。870人くらい が受講したので、北大最大の教室でもまかないきれず、2つの教室を使い、同一の講師が午前と午後と2回講義しました。その際、午前の講義を聴いて、良かったからと午後の講義を聴いてくださった方もおられます。その方は現在、大都市の幹部職員になっておられます。

 この講座が、どれだけ多くの人材を輩出したのか、と思うと、お一人お一人の顔も浮かんできて、今日一日、複雑な気分が続きそうです。

|

« ニセコ町まちづくり基本条例の第二次改正 「協働」の言葉、廃止 | トップページ | Railways の ホームページ (超・ローカル) »

行政と自治を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58585/47895327

この記事へのトラックバック一覧です: 行政・自治No.106 虫の知らせ 北海道地方自治土曜講座の閉幕:

« ニセコ町まちづくり基本条例の第二次改正 「協働」の言葉、廃止 | トップページ | Railways の ホームページ (超・ローカル) »