« 猛爆音族の突然の(暫定的?)消滅 or 撲滅? | トップページ | 行政・自治No.111 転載・紹介 【拡散希望】 宮崎の口蹄疫・現場の叫び »

2010.05.20

口蹄疫拡大で研究会場も変更に

 2010年5月29日(土)に宮崎県えびの市で開催予定の九州自治体法務研究会は、運営委員の間で無数のメールが交わされた後、今日の夕方に至って、会場を変更することになりました。

 この問題は、考えてみるといろいろな宿題・課題を残すものとなっています。小さな道路では車のタイヤまで消毒しているところがある一方、高速道路ではまったく消毒チェックがないとか、初動時の問題とか。

 九州の中部以南の自治体では、研究会会員が消毒やら広報の活動などで、農業部門勤務かどうかとは関係なく拘束され、とても勉強会どころではありません。会員から入ってくる情報だけでも、聞けば聞くほど(読めば読むほど)深刻で、対策地域の拡大の一途です。

 しかし、7月には全国規模の武者修行大会が札幌で行われるため、研究会自体の延期もできません。えびの市での研究会の2週間後には全国大会向けの合宿研究会もすでに企画されています。

 当面、会場を熊本に移して、予定された29日に開催の予定ですが、自治体の職員や議員の方がどれほど参加できるのか、予想がつきません。現段階でも普段の例会よりも相当参加者は減りそうです。

 こういう面の危機管理体制も、自治体政策法務の素材なのですが、今回は、現地に入ってみることを断念せざるを得ません。

 

|

« 猛爆音族の突然の(暫定的?)消滅 or 撲滅? | トップページ | 行政・自治No.111 転載・紹介 【拡散希望】 宮崎の口蹄疫・現場の叫び »

自治体法務・政策法務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58585/48412374

この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫拡大で研究会場も変更に:

« 猛爆音族の突然の(暫定的?)消滅 or 撲滅? | トップページ | 行政・自治No.111 転載・紹介 【拡散希望】 宮崎の口蹄疫・現場の叫び »