« 弁No.112 「ある和解」 日本裁判官ネットワークのホームページから | トップページ | 「法学研究者養成の危機と打開の方策」というシンポジウム »

2011.02.12

行政・自治No.133 多数決によって連邦政府が決めた法律や規制を州が選択的に無効にする法律案

行政・自治No.133 
 こういう動きがあるのですね。無料配信されるメルマガを読み流していて、偶然、知るに及びました。

Subject: [ 田中宇:最近の速報分析から ]

田中宇の国際ニュース解説 無料版 2011年2月11日

【2月5日】米国のアリゾナ州議会が画期的な新州法を検討している。州議会内
に12人からなる委員会を作り、多数決によって連邦政府が決めた法律や規制を、
選択的に無効にできるようにする。新法案は、合衆国憲法や米連邦の法律が、
各州の法律よりも優先するという従来の序列を転覆するもので、事実上、アリ
ゾナ州が米国から分離独立する動き。完全な分離独立ではなく、自州民にと
って良くないと考えられる連邦政府の規制のみを、州内に適用することを拒否
する。連邦も州も財政破綻に瀕している米国は、国家の枠組みが崩壊しそうな
ラディカルな事態となっている。米国は人工国家であるだけに、天然国家であ
る日本人の想像を絶するようなことが行われている。

http://www.azcentral.com/members/Blog/EJMontini/117684
Arizona to secede (without OFFICIALLY doing so)

 この記事がある掲載サイトは → こちら

|

« 弁No.112 「ある和解」 日本裁判官ネットワークのホームページから | トップページ | 「法学研究者養成の危機と打開の方策」というシンポジウム »

行政と自治を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58585/50846085

この記事へのトラックバック一覧です: 行政・自治No.133 多数決によって連邦政府が決めた法律や規制を州が選択的に無効にする法律案:

« 弁No.112 「ある和解」 日本裁判官ネットワークのホームページから | トップページ | 「法学研究者養成の危機と打開の方策」というシンポジウム »