« 行政・自治No.142 正義に適った義援金配分を(その4) | トップページ | 行政・自治No.143 「自治の肝は制度か人か」 »

2011.06.03

暴走の自由?  猛爆音走行の自由?

 もう、3時間も猛爆音族が走り回っています。加えて、パトカーのサイレンと、救急病院が近くに多いので救急車のサイレンも。

 一昨年は、110番電話を朝3時くらいから5時半くらいの間に10回以上はしたと思います。昨年は、取締りの効果があったのか、予想以上に静かでした。

 しかし、今年は、新年から爆音族が騒いでいます。

 今日は、金曜。昨晩の木曜日夜時点から、爆音が続いています。木曜の夜でこうですから、金、土、日の深夜はどうなることか。パトカーはサイレンを鳴らして10メートルほど後ろを走っているだけ。そのまた後を、ミニパトが赤いランプも付けることなく、ただ走っています。

 24時半頃と午前2時には、110番をしました。こちらの名前もしっかり聞かれます。当然、電話番号は記録され、録音もされているでしょう。

 猛爆音のバイクは、きっちりとした「装束」姿。後ろを、5台くらいのバイクが三角形の隊列を組んで、別に走っています。

 君が代を歌わない公務員は懲戒処分になったり、集合住宅のメイル・ボックスにビラを入れたりしただけで、逮捕されたりするのに、夜間の実害のある騒音は、野放しに近いのですね。

 今日の110番の女性担当者から聞いて初めて知ったのですが、夜間には白バイでの追跡、取締りはしないそうですね。バイクが路地に入れば、大型パトカーなど、追跡できないことくらい子どもでもわかりますが。夜間、白バイが出動しないのは、「夜間で危ないから」だそうです。

 昼間に、実害のない一旦停止の標識無視で捕まっている人をよく見ますが(特に、九大周辺では)、何と、バランスに欠けていることか。

 午前2時40分現在の今も爆音は続いています。私が2度目の110番通報をして以降は、もう、パトカーの音も聞こえない。朝から、激務が待っていますが・・・音は途絶えそうにありません。2時50分、いっそう大きな音になってきました。パトカーは、基地に帰ったのでしょうかね。

|

« 行政・自治No.142 正義に適った義援金配分を(その4) | トップページ | 行政・自治No.143 「自治の肝は制度か人か」 »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

 午前2時以降、3時までは爆音はしていましたが、電話受付の警官は措置をとると言ってくれたものの、電話以降、パトカーのサイレンは聞こえず、いつものように午前2時、3時、4時からバイクが出てくるのとは非常に様相が異なっていました。私が2時に電話してから1時間で暴走行為がなくなった要因として考えられるのは、次のどれなのか、わかりません。①暴走グループ自身が疲れた、ないし、明日以降の活動のために控えた、②グループが捕まった、③パトカーが1台も追跡しないので、おもしろくなくなった、④サイレン音もなしに止めたのには何らかの取引があった。本当にどれが原因でしょう?

投稿: きさ | 2011.06.03 07:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58585/51839900

この記事へのトラックバック一覧です: 暴走の自由?  猛爆音走行の自由?:

« 行政・自治No.142 正義に適った義援金配分を(その4) | トップページ | 行政・自治No.143 「自治の肝は制度か人か」 »