« 2012年9月 | トップページ | 2013年3月 »

2012年10月の記事

2012.10.22

自治・行政No.156 仕手株なみの価格変動 『地方自治制度“ 再編論議” の深層』

自治・行政No.156 九州内のある方が、『地方自治制度“ 再編論議” の深層~ジャーナリストが分析する~』(公人の友社)をメルマガ風の連絡網で仲間に紹介していただいたので、私もアマゾンのサイトをクリックして見ました。
 → こちら

 なんと、「在庫なし」になっています。そして、すでに中古本として5冊が販売されています。これまで謹呈分と販売分は、併せてもせいぜし数百冊ですから、5冊の中古というのは、ひょっとすると、かつての私の本ブログでの記事(ブーメランになった拙著のこと)のように、謹呈分も流れているのかもしれません。

 で、その中古本としての価格に驚きました。昨日(2012年10月21日)朝に見たときは、なんと、定価1,575円の新刊本が、出品者により、それぞれ、2,230円、2,230円、2,351円、2,361円、4,975円となっているのです。最低でも50%、最高では174%もの高い価格で取引対象になっています。すなわち、定価の3倍近くになっています。

 同日の夕方に見ると、2,200円台だったと思いますが、22日の正午現在では、最低価格は2,197円。需給と早く売りたいという出品者の駆け引きで、これほど中古価格が変化するとは思っていませんでした。まるで、仕手株の値動きのようです。

 アマゾンに本来の定価の新品が納品されれば、この中古価格は一気に、定価以下に下がるでしょう。おもしろいです。

 どうしてこうなるか、出版社に聞きましたら、アマゾン側からはすべてコンピューターの自動発注なので、アマゾンに1冊納本してあれば、それがなくなると「在庫なし」になり、注文数次第で、コンピューターが機械的(自動的)に発注するそうです。アマゾンのサイトを見て「在庫なし」を確認し、その結果、注文する人がいなくなると、注文者はゼロになりますから、アマゾンからの自動発注が出版社に行かないのだそうです。

 そして、こういう在庫状況をコンピューターで検索している出品者(古書店)は、刻々の変化をこれまたコンピューターで覚知して、値段をつけ直しているようですね。

 たった1,000冊程度しか印刷していない本でありながら、正直に言えば、出版社には「在庫ありまくり」状態でありながら、人がほとんど関知しないところで、「在庫なし」状態になるようです。ちょっと、考えさせられます。出版社側からは、アマゾンに対して、システムの仕様からして何の働きかけもできないそうです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.10.16

自治・行政No.155 「短くなる 速くなる」

自治・行政No.155 まぁ、こういうタイトルのコラムを、全国町村会の機関誌『町村週報』に書きました。

 キーワード: 自動車、高速道路、高速道路建設推進協議会、市街地、衰退、都市、所要時間、一般道、農道

 お暇な方は、 → こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.15

iPS細胞使用手術?事件 「肩書きバブル」

121015professoren_2 この件、すでに大報道が続き、語るほどの話ではなくなっているような気もします。が、「やはり起きたのか」というのが「肩書き」使用の部分です。

 私の勤務先でも、似たことは起きるのではないか、と危惧して、画像のようなパワーポイントを用意していました。わが社には、「教授」がなんと、私が数えることができた限りにおいてですが、少なくとも14種類もあります。もう少しあるかもしれませんが、よくわかりません。どうも称号職名などの違いもあるようです。2文字だけの「教授」が最も肩身が狭いような感じさえ。
 この画像は、2012年7月に水戸市で開催された全国自治体法務合同研究会の初日・公開シンポジウムの席上で参加者にお見せしていたものです。画像は、クリックで大きくなります。(追記: 7月に自治体法務合同研究会でプレゼンしたときは、教授の肩書きは12種類でした。今回、少し調べたら、さらに2つあることがわかりましたので、14種類になっていますが、まだほかに、○○准教授という肩書き・称号などがあるかもしれません。本当に分かりません)

 くだんの研究者は、東大の特任教授や特任研究員などのポストにも就いていたといいます。

 まず、朝日新聞の10月14日付けの記事をかいつまんで整理しますと、「「特任」とは特定の研究を目的とする寄付口座や研究プロジェクトに雇われるポストで、「准教授」や「教授」に比べると選考がかなり甘い。実質的にプロジェクト代表者の一存で決められる。M氏を東大病院の「特任研究員」に採用したのは助教(かつての助手)だった。国立大学の法人化や定員削減の影響で寄付講座が増え、「特任」や「客員」も増えている。M氏はそうした「肩書きバブル」をうまく活用したようだ。」

 実は、わが勤務先法人にも、大学本部直接採用(と法学研究院教員は受け止めている)の正式な「教授」が何人もおられるのではないかと思います。この点も下々にはよくわかりません。中には、私に「論文の書き方がわからないから、指導して欲しい」との依頼があったことがあります。私は、丁重に「あなたは、正式かつ厳格な大学本部の教授採用人事で論文審査を経て採用されたのでしょうから、もはや論文執筆指導を受ける必要はないのでは」と申し上げ、そのご依頼を断ったことがあります。

 今回のiPS事件のことは、全国の大学で名刺詐称事件が起きる可能性があることを示していますし、M氏は、私の言う国立大学「呆人化」のある意味での犠牲者なのかもしれません。もとよりご本人に大きな責任があることは言うまでもありませんが。

 ちなみに、私の勤務先の主幹教授制度や特別主幹教授制度の根拠規定は、公開されている大学の規則集には載っていません。わが社で40年勤続という人事の専門家の方は、数日前、規則集に載っている、と言っていましたが・・・

 「九州大学主幹教授制度について」(平成21年2月23日総長裁定)、「九州大学特別主幹教授に関する要項」(平成21年10月1日実施)が根拠となっていて、前者は総長裁定という一種のカテゴリーの表示がありますが、後者は、文書の種類の特定さえ行われていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.12

2012年10月14日21時から ららら クラシック アラベラ・美歩・シュタインバッハーも出演

 2012年10月14日(日曜日) NHK 21:00~

 「ららら クラシック」は、「師匠と弟子の幸福な関係」というテーマだそうです。
  → NHKの当日の番組案内

 ドイツからの連絡で、この番組のことを知りました。
 アラベラ・美歩・シュタインバッハーもインタビューを受け、演奏もするそうです。

 番組の案内によれば、

 「名バイオリニストにして名教師、アナ・チュマチェンコさんがN響と初共演。難曲シューマンのバイオリン協奏曲を演奏しました。

 リサ・バティアシュヴィリやアラベラ・美歩・シュタインバッハー、ヴェロニカ・エーベルレなど、世界的に活躍するバイオリニストを次々と育てるその手腕とは?

 今回貴重なレッスン風景も取材。弟子たちの珠玉の演奏もご紹介します。」

 とあります。

 時間に余裕のある方は是非、ご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2013年3月 »