« 自治・行政No.161 コラム「道州制 in 済州島」 | トップページ | 自治・行政No.162 「小さな村の物語 イタリア」 »

2014.02.23

弁No.125 このごろの裁判所論・裁判官論

Shihoukenryokunouchimaku Zetsubounosaibansho511yiqyefyl 実に4か月を超えてのブログ更新です。なんか、年に数回更新ペースになっているみたいです。もともと論文を書く代わりにブログを始めたのですから、少し、書く頻度を高めます。

 このところ、日本の裁判所に関して、注目すべき、書籍・論稿が出つつあります。ここでは、3つの論文・新書のみ取り上げます。〔2〕と〔3〕は、私どもからすれば、日本の裁判所の中枢に近いところにいたと考えられる二人の元・裁判官による裁判所批判に満ちた新書です。

 刊行・出版順に言えば、次のとおりです。

 〔1〕
 宮川光治「時代の中の最高裁判所」自由と正義64巻6号(2013年)20-26頁(なお、東京弁護士会の会誌『LIBRA』2012年6月号(12巻6号)20-23頁にもインタビュー記事あり)

 〔2〕
 森 炎(もり ほのお)『司法権力の内幕 (ちくま新書)』 (筑摩書房、2013年12月10日初刷刊行)

 〔3〕
 瀬木 比呂志『絶望の裁判所(講談社現代新書)』(講談社、2014年2月20日初刷刊行)

 〔1〕は、かつて青法協(青年法律家協会)に所属され、その後、司法研修所教官を務められ(その当時、私は、正式にインタビューさせていただきました)、さらに、最高裁判事を務められた現・弁護士による論稿。文献渉猟も十分になされたうえで、同氏が最高裁判事であった時代の最高裁、最高裁事務総局、内閣法制局への大きな信頼を述べ、日本の司法を完全に賛美される論稿です。

 これに対して、〔2〕は、自動機械化された司法囚人として裁判官を描き、〔3〕も文字通り、「絶望の裁判所」を語り、旧ソ連に例えたり、「目に見えない檻のようなもの」(110頁、「ソフトな収容所群島」(113頁)、「全体主義的共産主義的体制に非常によく似ている」(118頁)と言われています。〔2〕も随所で、裁判所の絶望的状態を描写されています(「絶望的な、あまりに絶望的な実態」214頁)から、両著は、「絶望」裁判所シリーズになっています。

 〔3〕については、何枚もの著者の写真入りインタビュー・コメントがあります。関心のある方は、早めに魚拓を取っておくべきでしょう。コピーしてワードに貼り付けるだけで写真も保存できます。
 

 〔3〕では、宮川弁護士も所属されていた青法協狩りを「ブルー・パージ」と称して(第二次大戦後のレッド・パージとひっかけてある)、その成果を嬉々と語る最高裁判事らの話が出てきますが、〔1〕で宮川弁護士は、「最高裁は予想以上に自由で、聞かれていた。審議ではおおいに議論ができ、爽やかな人間関係であった。裁判官会議も積極的に問題提起をすれば(もっとも、その余裕はなかなかにないが)、議論できた。(改行)最高裁は1970年代のころと比較すると明らかに変わったと思う。」とされています。

 逆に、〔3〕の瀬木・元裁判官は、2000年代以降に、裁判所、裁判官集団の官僚化、セクハラ・パワハラ等が急速に進行・増加したと書かれています(35,51,52,75,174頁)。

 この〔1〕 対 〔2〕〔3〕の極端な違いはどこから来るのか、そのことへの関心が、4か月ぶりにブログを再開する契機です。

 本論(と言ってもたいしたことは書けませんが)を書く前に今ひとつ、自分なりに整理しておきないことがあるので、それは、次稿にします。
 「二〇〇〇年代の司法制度改革が・・・事務総局中心体制を無傷のまま温存してしまった」(117頁)のはその通りですが、「温存」のために事務総局がどれほど「司法改革つぶしに頑張った」のか、若干の資料はありますので、これから検証を開始しなければならないでしょう。

|

« 自治・行政No.161 コラム「道州制 in 済州島」 | トップページ | 自治・行政No.162 「小さな村の物語 イタリア」 »

Libra の弁護士日記」カテゴリの記事

コメント

 こういう日本の裁判(裁判所)のあり方についての、私的には重要と思える記事に1つのコメントが来ないのも寂しいというより、「日本は終わっているなぁ」という想いが強いです。

  今や、最高裁長官まで、政治家のように二世シリーズ登場です。
 ある大学研究者の発言:「竹崎後任の寺田判事は初の親子二代長官ですね。法科大学院の学生は法曹二世が多くなってきて、この情勢ではそういう人しか来なくなってきたのか、政治家の世界みたいです。」
 
 最近の竹崎最高裁長官の突然の辞任には、上記「絶望シリーズ」と関係ありというブログ記事も登場しています。
 http://blog.goo.ne.jp/fuwa_toshiharu/e/9476b323b669310ad4ee5bfa07da0506

 本当かどうかはともかくとして、時間に余裕のある方は、ご覧になれば・・・

投稿: きさ | 2014.03.23 10:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58585/59184338

この記事へのトラックバック一覧です: 弁No.125 このごろの裁判所論・裁判官論:

« 自治・行政No.161 コラム「道州制 in 済州島」 | トップページ | 自治・行政No.162 「小さな村の物語 イタリア」 »