« 行政・自治No.172 木佐茂男『国際比較の中の地方自治と法』(第4回) | トップページ | 行政・自治No.174 木佐茂男『国際比較の中の地方自治と法』(第6回) »

2015.06.27

行政・自治No.173 木佐茂男『国際比較の中の地方自治と法』(第5回)

Dsc_0609_rDsc_0597_rDsc_0599_rDsc_0596_r行政・自治No.173 4回にわたって拙著の紹介を「はしがき」や「解説」も露骨に(?)掲載して行ってきました。この間の反響・コメントとしては私信が1通あったのみです。ある程度、やる気を失ってしまい、あっという間に20日以上が過ぎました。

 これで放置してもいいのですが、各章の解説を掲載すると一応書いた以上、続行することにします。

 その唯一いただいたコメントは、この本の全容がわかるように「目次」を載せてはどうか、というご提案でした。なるほどです。そこで、章と節の段階までの「目次」を掲載することにしました。

 → 目次(PDF) 

 今日の写真(各写真は拡大可)は、第5章で詳論するドイツの多数の自治体連合組織のうち、もっとも規模が大きく、本部がドイツ統一後、ケルンからボンに移ったドイツ都市会議の建物と入口ホールから2階を見上げたところにある加盟都市の紋章をステンドグラスにしたものです。大きいために全体は写せていません。ドイツ都市会議は、統合前からケルンとボンの両市に本部機構が分かれて、以前から双方の建物をそれぞれ数度訪問しています。週末には、このロイター・ハウス(本書第5章解説参照)がある「6月17日通り」は、ベルリン最古ともいわれる蚤の市になります。この都市会議が入っている建物は、「エルンスト・ロイター・ハウス」という名称ですが、「エルンスト・ロイター」については、この語を入れてWEB検索をして下さい。

 ちなみに、この拙著、CiNii(国立情報学研究所のデータベース)で検索しますと、2015年6月27日現在、全国の34の大学に所蔵されています。旧帝大といわれる大学では、東北大にのみ(九大は私の寄贈分を所蔵)所蔵されているようです。
 かつて1996年に出版した『豊かさを生む地方自治』(日本評論社)は、現在、全大学図書館(高専、短大を含む)で、計225冊所蔵されていますが、今回の『国際比較の中の地方自治と法』は、60冊、せいぜい70冊を超えればいいほうでしょう。大量に在庫が残りそうです。


|

« 行政・自治No.172 木佐茂男『国際比較の中の地方自治と法』(第4回) | トップページ | 行政・自治No.174 木佐茂男『国際比較の中の地方自治と法』(第6回) »

行政と自治を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行政・自治No.172 木佐茂男『国際比較の中の地方自治と法』(第4回) | トップページ | 行政・自治No.174 木佐茂男『国際比較の中の地方自治と法』(第6回) »