« 行政・自治No.174 木佐茂男『国際比較の中の地方自治と法』(第6回) | トップページ | 行政・自治No.176 木佐茂男『国際比較の中の地方自治と法』(第8回) »

2015.06.29

行政・自治No.175 木佐茂男『国際比較の中の地方自治と法』(第7回)

Seebachrathaus1991Seebachrathaus2011dscf2178_r_2Seebachbauernhaus11991Seebachbauernhaus12011dsc_3148_r_2Seebachhaus11991Seebachhaus12011dsc_3171_r_2
行政・自治No.175 こんな馬鹿なことをやっている法律研究者がいてもいいでしょう。外国の同一自治体の定点観測です。

20年前より自治体は美しくなりました、いや、荒廃しきっています・・・と言ったところで、文字で書いてもほとんど理解はしてもらえません。一目瞭然という言葉もあります。

これは、ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州シュヴァルツヴァルトの山間地にある人口1500人ほどのゼーバッハ村です。同一の役場と農家、民家を1991年と、その20年後の2011年に撮影したものです。いずれの建物も、左が1991年、右が2011年です。ゼーバッハという村は、ここ(地図)です。地図を次々小さくしてご覧ください。そして、航空写真もモニターの左下をクリックして見てください。 この村の20年間の変化については、全国町村会『町村週報』に「20年経って光り輝く村」として書きました。→  『町村週報』リンク  

 日本の山間地の村であれば、この20年間の荒廃は相当なものでしょう。役場の建物も手入れが行き届いているでしょうか?

 論より証拠。「国際比較」って、文字資料や学説・法制度の変化の比較だけでは、何も実感としては伝わってきません。

02jichitainokousou1 
 今回は、「地方自治基本法」という未だ存在しない法律名をタイトルにした原稿です。 ここで、第4章の解説(書き下ろし版)を掲載します。 

 地方分権改革の内容の是非とは別に、現行法である地方自治法が全471条(2014年11月1日現在)もある大部な法律であることから、地方自治の本当の基本部分だけを簡素な法律にしてもいいのではないか、という観点から書いたものです。この「解説」には書いていませんが、依頼原稿であったため、一から勉強して書いたものです。

 解説末尾にも書いていますが、膨大な条文を抱える現行・地方自治法は、いずれ大幅な見直しが不可避となるのではないでしょうか。

|

« 行政・自治No.174 木佐茂男『国際比較の中の地方自治と法』(第6回) | トップページ | 行政・自治No.176 木佐茂男『国際比較の中の地方自治と法』(第8回) »

行政と自治を考える」カテゴリの記事

コメント

ココログで、写真を綺麗に並べる方法って、ないでしょうかね? いくら頑張っても、3組の写真が左と右に3段に揃わないです。

投稿: きさ | 2015.06.29 08:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行政・自治No.174 木佐茂男『国際比較の中の地方自治と法』(第6回) | トップページ | 行政・自治No.176 木佐茂男『国際比較の中の地方自治と法』(第8回) »