« 台湾の行政不服審査の現場: 日本でも(新)行政不服審査法が施行されるが・・・ | トップページ | 台湾の法廷の中は・・・ »

2016.01.29

台湾の行政裁判所では、受付票、相談窓口など(2005年)

05taiwankoutougyouseihouin1 05taiwankoutougyouseihouin2 05taiwankoutougyouseihouin4 05taiwankoutougyouseihouin3 このブログの、2016年1月18日の記事(→サイトリンク)を見てもらったらわかりますが、韓国・台湾の行政訴訟の数は桁違い。要するに、提起しやすい制度になっているからです。まぁ、ざっくり言うと、ドイツとそっくりです。

 台北高等行政法院に、2005年にお邪魔したときにビックリした画像を。訴訟受付、提出窓口には受付番号票を受けとる器械が。まるで、郵便局か銀行の窓口のようです。そして、カンターには、ずらっと、受付や相談のための職員が。

 同裁判所の内部の様子は、さらに続けます。

|

« 台湾の行政不服審査の現場: 日本でも(新)行政不服審査法が施行されるが・・・ | トップページ | 台湾の法廷の中は・・・ »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾の行政不服審査の現場: 日本でも(新)行政不服審査法が施行されるが・・・ | トップページ | 台湾の法廷の中は・・・ »