« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月の記事

2016.03.31

阿部泰隆先生によるコラム 「木佐茂男九大教授の最終講義」

160315zeimukeirino9500  あと、1時間で、現在の肩書きが消えます。阿部泰隆弁護士神戸大学名誉教授)が『税務経理』に書いて下さった私のことについてのコラム「木佐茂男九大教授の最終講義」につき、今日、その記念になるかのように、同社からの転載許可が届きました。下記の条件で許諾されています。

 → コラム

 …… 以下、引用 ……
 
 仮に、この記事を転載される場合には、このブログからの引用であることを明示していただきますようお願い致します。

 配信日時 〔2016 年3 月15 日〕
 掲載欄 〔税務経理2016 年3 月15 日号1 ページ「フォーラム」〕
 見出し 〔木佐茂男九大教授の最終講義〕
 フェイスブックおよびメーリングリストに、上記ホームページへのリンクを掲載。

  1.上記の方法、目的以外での使用はしないでください。
  1.利用は、申請一回につき、一回限りです。他の媒体へのご使用をご希望の際にはご相談ください。
  1.削除、加筆等、記事(見出しを含む)の改変はしないでください。
  1.記事欄外などに「時事通信社『税務経理』2016年3月15日号より」等、掲載元の社名、媒体名および配信日を明らかにしてください。
  1.時事通信社より求めがあった場合は、速やかに掲載内容を開示してください。
   2016年3月31日
   株式会社時事通信社
   税務経理編集長 ○○ ○○

 …… 引用 終わり ……

| | コメント (0)

2016.03.21

書くつもりは全くなかったのですが・・・交流会のこと

Img_0916 Img_0921 Img_0650_r Dsc_0413_r_3 Dsc_0193a_r


Img_0750_r_2 Kimg1057 Kimg1039_r 撮影したカメラが全て異なりますので、サイズ不統一です。

 前エントリーの続きです。
 一昨日の朝日新聞夕刊(2016年3月18日付け)の社会面に「九大教授、研究費で退任パーティー」、「600万円、職員に指示 返還請求に応ぜず」という結構大きな記事にかかわっての話です。この新聞報道の内容が、事実かどうかは、未確定です。ただ、私も同種行事を行った手前、私にも疑いがかかることがあっては正直なところ迷惑ですので、全く予定外ですが、敢えて書かせていただきます。 (スピーチをしていただいているのは、韓国・建国大学名誉教授・金鐵容先生)

続きを読む "書くつもりは全くなかったのですが・・・交流会のこと"

| | コメント (0)

2016.03.19

最終講義 & 交流会 ご参加の皆様へお礼

 最終講義のご案内をしてから、約1か月もブログ掲載を放置してしまいました。ある事情があって、最終講義と交流会のことについて気持ちのうえですぐには書くことができませんでした。

 偶然、昨日付けの朝日新聞夕刊(2016年3月18日)に、九大の退職教授が多額の研究費でパーティー費用を支出していたということが載りましたことと、私の交流会に関する問題も昨日までに解決しましたので、この記事を書くことにしました。

 まずは、当日の最終講義、及び/又は、交流会にご出席いただきました皆様方に厚くお礼申し上げます。この2つの機会においても、また、最後の教授会やその後の歓送会でも、まだまだ本当に言いたいことは語ってはおりませんが、ある程度の反省や思いをお話しすることはできました。

 2月20日(土)の最終講義には、約140名の方がおいでくださいました(最終講義だけで帰宅された方と、交流会参加者数、交流会だけの参加者数を考慮しての数字です)。

 出席カードも28枚ほど回収でき、いろいろな反応も確認できました。また、フェイスブックやブログ上でもコメントをお寄せいただき、厚くお礼申し上げます。3月16日には、最後の教授会も終わり、同日夕刻からは、計7名の教員が退職するため法学研究院主催の歓送会も開いていただきました。

 私が確認できた範囲内で、公開されている新聞記事とブログでは、以下のような反響がありました。ある意味で、ほっとしております。

毎日新聞(福岡都市圏版 最終講義紹介記事


地方自治のための学習ノート」  (元ゼミ生であった県庁職員の方)

ター坊の愉快な農的生活」(2016年2月20日付け)  木佐茂男九州大学教授の最終講義
 (木佐が「事務局次長」なる肩書きのある「ふるさと食農ほんわかネット」の編集長によるブログ)

博多総合法律事務所」(2016年2月20日付け)


私的自治の時代」(ある法学研究者)(2016年2月26日付け)


 退職記念のパーティー問題については、別の九大教授の流用事件と同じ様なことがあったと誤解されては困りますので、次のエントリーで言及することに致します。

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »